測定事例:K社様

担当の田中です。
今月はソルトバス熱処理を使用した、
試験片の温度測定を行ないました。

今回はセンサを試験片に直接取り付けて測定しました。
ソルトバスの熱処理は全てオープン炉を使用するため
予熱炉⇒本熱ソルト炉⇒焼戻し用ソルト炉⇒水冷槽
と人の手で移動が伴い、かつ全て液体に浸漬させますが
問題無く測定することが可能でした。

ソルトバスは一般的な大気炉、真空炉よりも
熱伝導性が良いため、急激な加熱や冷却を得たい場合は
検討されても良いかもしれません。
試料をお送り頂ければ、センサの取り付けや熱処理作業は
全て弊社にお任せ下さい。

測定機器本体は高額であるため作業を委託するのが手軽ですが
委託業者は全国でもあまり無いため、類似案件で
お困りの際は是非お問合せ下さい。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp