GW休暇について

恐れ入りますが、下記期間中GW休暇をいただきます。

2024年4月27日~5月5日

上記期間中のお問い合わせにつきましては
休暇明けより回答させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

設備メンテナンス事例

熱処理、特に真空熱処理において、炉内空間を適切な状態に管理・維持することは、最も重要な点の一つです。バッチ式の真空炉では、加熱室内の空気を真空ポンプで荒引を行った後に、クラッチと呼ばれるもので、扉の締め込みを行います。このクラッチ部分に故障や不具合が生じると以下のようなトラブルを起こしかねません。
【事例】
・扉の開閉操作が行えない。
・ヒーターが加熱を開始させる信号が受信できない。
・AGVなどを用いてオートメーション化させている場合、扉の開放動作が行われず、搬送が中断してしまう。(工程に大幅な遅れが発生しかねない。)
・クラッチの締め込み圧力のゆるみにより、処理中のプログラム停止を引き起こす可能性がございます。

中古設備の初回始動や移設後は、これまでと異なる状態である場合が多いため、設備や部品・メーターなどの正しいパラメータおよび監視・管理方法を把握しておくことがトラブルが発生した際に迅速な解決へとつながってきます。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

設備メンテナンス事例

同じ処理を行っているのに、熱処理品の外観や硬さが以前に比べて変化していることはないでしょうか。定期的な部品の交換・計器校正を行い見た目や計器上は問題ないにも関わらず品質が安定しなくなっている。これらの問題解決にお悩みの方も多いかと思います。
いくつか解決事例をご紹介させていただきます。
・冷却水の温度が高い
クーリングタワーの老朽化や能力ムラが生じ冷却水を十分に冷やすことが出来ず、冷却能力が不足し目的の硬度や外観が得られない場合があります。特に夏場に発生しやすく、熱交換器の見直しや、別途チラーを設け、冷却不足を補うことで解決する場合がございます。
・断熱材劣化
断熱材は見た目上で劣化が確認しにくいものもございます。表面上は劣化していないが、内部では消耗が進み、断熱能力が十分に発揮できなくなっていた事例がございます。熱処理を行う製品毎に断熱材を選定する必要がありますが、消耗具合はそれぞれ異なるため仕様に合ったメンテナンスを行うことで問題解決につながる場合がございます。

弊社では、炉内温度分布測定サービスを行っておりますので、設備状態の確認をご検討されておりましたら、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

設備メンテナンス

新年あけましておめでとうございます。

寒い日々が続いており、何かと体調を崩しやすい季節ですが、実は熱処理炉も故障や不具合が起こりやすい季節なんです。例えば、熱処理設備で使用されているモニター・温度計・プログラム調節計やその他電子機器は、処理を行う上での重要な部品となりますが、これらの部品は、寒さによるバッテリーの急速な消耗・経年劣化等により予期しない突発的な故障が発生しやすいです。
調達に時間と費用が掛かるものも多いため、あらかじめ予備部品の購入やサプライヤーとの関係性構築が重要となります。
メタルヒートは、熱処理炉メーカーをはじめとして多くのサプライヤーとのコネクションがございますので、お困りごとがございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

最後になりますが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

年末年始休業日のお知らせ

早いもので本年も残りわずかとなりました。
本年も格別なご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。
誠に勝手ながら、年末年始は下記の期間を休業とさせていただきます。
何卒ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

◇休業日 2023年12月30日~2024年1月7日

なお、休業期間中のお問い合わせにつきましては
2024年1月8日より順次ご連絡させて頂きます。
どうぞ良いお年をお迎えください。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

8月連休のお知らせ

担当の田中です。

誠に勝手ながら以下期間を夏季休業日とさせて頂きます。
ご不便をおかけし恐縮ではありますが
何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

休業日:2023.8.12~2023.8.20

休業期間中に頂きましたお問い合わせは
2023.8.21より順次ご連絡させて頂きます。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

中古真空炉(焼戻炉)販売紹介

担当の田中です。
以下仕様の真空熱処理炉の情報が出てきましたので
ご紹介いたします。

メーカー:IHI
型式  :NVPT-80/80/130(SP)
有効寸法:800W×800H×1300L
常用温度:150~800℃ 最高900℃
耐荷重 :800kg/グロス
加熱源 :電気150kw
ヒーター:グラファイト
冷却方式:ガスファン冷却
製造年 :2015年
保管場所:宮城県
使用用途:焼き戻し、焼きなまし、時効処理

真空炉のため光輝処理が可能です。
主な用途が焼鈍となり使用温度が低めですが綺麗な状態です。
ご興味ございましたらお問合せ下さい。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

5月連休のお知らせ

ゴールデンウィーク期間の休業日は以下の通りとさせて頂きます。
ご不便をおかけしますがご了承の程よろしくお願い致します。

休業日:2023.4.29~2023.5.7

休業期間中に頂きましたお問合せは
2023.5.8より順次ご連絡させて頂きます。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp

熱処理設備移設お見積までの流れ

担当の田中です。
設備移設のお見積りご依頼にあたり、低コストで済む順番を記載しますので
お見積条件設定時の参考にして下さい。

安 ・設備梱包済で移設先に荷姿渡し(輸送のみ)
↓ ・解体作業+設置作業込み(配線、水回り工事)
↓ ・設置作業後の試運転込み
高 ・設備修理作業が伴う場合

またお見積にあたり設備の設置位置、搬入出口が分かる資料のご提供を
お願いすることになる他、一度現地確認に伺いお見積ご提示となります。
ご参考まで。

メタルヒートのエンジニアリングサービスHP
http://www.metalheat-eg.co.jp